DIYマニヤックス/アトレー静音化計画

アトレー静音化計画 new 2010-12-11

さて、ドナドナされたチェイサーに替り、すっかり愛車になったアトレー号。
しかしバブリーな90チェイサーになれた堕落した我が身にとってはやはり働く車アトレーには欠けているところが目につくのも事実。
前回はフットランプをつけてみたんだが、それ以上に以前から気になているのは、やはりいろんな意味で「五月蝿い」という部分。
なにせケツの下にエンジンがある軽ワンボックス、ある意味宿命みたいなもんだが、さすがに高速にのると音楽もロクに聞けないのはどうかとおもう。
できる範囲でなんとかしてみたい、とそう思うのである。

買ってきたのは・・・

CA380046.JPG

エーモン工業の「静音計画」なる防音材。音だけでなく熱も遮断してくれるのでエアコンの効きもよくなる優れものらしい。
しかし高い。3000円ちょっとする。たぶん住宅建築用の似たような商品ならメートル1000円で釣りがくるんだとおもう。
しかし、いま「エコ住宅減税ブーム」みたいなので建築用断熱材の在庫が全然ないらしくどこのホムセンにいっても買えなかった。
まぁノリとかついてるから使うの楽だろうしコレを買う。
どうせ切って使うから一番面積が大きい乗用車用が得だとおもう。

CA380047.JPG

これは住宅用の屋根用の防音材。安い。1メータ400円しなかったとおもう。

CA380143.JPG CA380144.JPG

まずはケツの下にあるエンジンフードを「静音計画」でふさぐために新聞紙で型をとる。
ちょっと小さめにとったほうが貼りやすいとおもう。

CA380145.JPG

こんな感じだ。

CA380147.JPG

で、静音計画というのはこんなもんだ。ようはグラスウールをアルミコーティングしてシールをつけたようなもん。

CA380148.JPG

さっきの新聞紙を型紙にして切り抜く。

CA380149.JPG

こんな感じだ。

CA380150.JPG

ブレーキクリーナーをつかってシート下を充分清掃。
これをサボるとロクな結果にならない。

CA380151.JPG

で、シール面をはりつける。周辺は付属のダクトテープみたいな奴でみっちり貼り付ける。

CA380152.JPG

乗用車用を買ったので盛大に余る。
貼れるとこにはとことん貼っておこう。

CA380153.JPG

それでも余ったので内装を剥がしてエンジンルームに面している足元の鉄板に貼り込んで行く。
ついでにここの空間にフェルトと防音シートも押しこんでおく。

CA380154.JPG

防音シートはこんな感じのものです。

CA380155.JPG

運転席と助手席の間の鉄板にも防音シートを貼り込んでおきます。

CA380156.JPG

二列目シートとの境目にはニードルフェルトを貼っておきます。
内装の裏に隠れます。

CA380157.JPG

さて、ここで大いなる過ち。
運転席と助手席のシートの下に防音材とニードルフェルトを貼りたいのですが、それをするためにはシートをはずさないといけない。
しかし、さっき「静音計画」をシートを固定しているネジの上から貼ってしまいました。
したがって静音計画に穴あけてシートをはずさないといけませんwww
アトレーで静音化する人、まずシートを外してからやりましょうねw

CA380158.JPG

まぁシートも無事外れました。

CA380159.JPG

ニードルフェルト(メーター300円くらい)を充填!!

CA380160.JPG

その上から防音材を両面で貼ります。
で、シートで元通り蓋をします。

CA380161.JPG

リアシートの足元。
とりあえずカーペットをめくってみます。

CA380162.JPG

防音材をシートレールの形に合わせて切り抜いて貼ります。

CA380163.JPG

その上からニードルフェルトをやはり形に合わせて貼ります。

CA380164.JPG

元のフロアマットを戻して完成。

CA380165.JPG

あと耳元から盛大に聞こえる風切音。
これも高速にのったときにとくに耳障りです。
みてみるとドアはまさにコストダウンの権化。すごくたよりないウエザーストリップ1本です。

CA380166.JPG

そこで、このドア用の防水すきまテープです。
1メータ100円しません。

CA380167.JPG

ドアとのあたりを適当に見極めつつ、気密が高まるように一周はっていきます。
これで「外からの音を遮断」「外気の乱入を防いでエアコンの効き向上」の一石二鳥を狙ってみます。

CA380169.JPG

耳の真横になるところには、念をいれてすこし太い別の種類のやつを局所的に貼ってみました。

CA380170.JPG

エンジンフードにも元のパッキンと段違いになるように一周はってみます。

CA380268.JPG

残った防音シートとフェルトを、荷物室のマフラーの直上の内装下に敷き詰めてみます。

さて、試乗です。
残念ながら音を測定する道具はもっていないので、きわめて主観的な感想です。

音は多少小さくなった。こもった感じ。しかし劇的な効果があるという気はしない。
ぶっちゃけ厚さ5ミリかそこらだもんなぁ・・・
むしろコレは断熱効果が主なのか?ぶっちゃけ3000円を出す価値があるかどうかは微妙かもしれない。
無論、ないよりはあったほうがマシだとは思うが・・・・

上よりさらにマシになった。
ここでの変化は「うるささの主役」がケツの下から後ろに移動したことだとおもう。
したがって「直接体に響く」のは避けられているのではないだろうか?
お金はそんなにかからないから邪魔臭いけどやってみる価値はあるかもしれない。

これは卓越した効果あり!!
外からの音がうそのように消えた!
すれ違う車の「シャッ!」って音が全然違う。トラックなら聞こえるが普通車なら聞こえない!!
これはやる価値が絶対ある!金もかからない同然、手間も10分もかからん!
車用じゃないテープだから耐久性は知らんが、安いもんだから消耗品だとおもえば問題なし。
心配なら車用の隙間パッキンなるものも売っている(高いけど)

案外効果あり。マフラーの音が気持ち小さくなった気がする。
これもフェルトと防音材を1メータかってきてカーペットの下に敷くだけのこと。
1000円もかからないからやってみる価値はあるとおもう。

総論として、手をつける前からみたらだいぶ静かになった。
時速80キロくらいまでならワゴンRとあんまりかわらない騒音。
これなら普通に音楽も聞ける。それ以上はそもそもが3ATなんでどうしようもないかと。

アトレーに限らず、車の騒音をなんとかしたいみなさん、まずはドア(特に耳元)に「すきまテープ」
これは

osusumeda.jpg



コメント
書き込みモードの選択
(SPAM防止のために質問に答えてください)  [Q]みとめたくない物だな  [A]
     
コメント欄の使い方の説明(つかる画像一覧や質問の意味がわからない人はこちらを参考に)       カキコミの練習はこちらでどうぞ



「DIYマニヤックス」に戻る


[PR]
http://www.sparts.jp/姫路で車の中古パーツや廃車解体買取ならここだ!!シライパーツ


トップ   リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-08 (日) 01:00:39 (2477d)