DIOマニヤックス/ハイスピードプーリー

ハイスピードプーリー new 2006-12-24

さて、キャブとマフラーが規制前仕様に生まれ変わったディオだが、まだなんか物足りない。
どうも、駆動系から妙な音がしているのだ。
それに、乗って最初のうちはいいが、しばらくすると60キロでなくなる。
それになんかアイドリングも高い。
これはエアクリーナーから変な空気すってるのか、それとも駆動系がおかしいのか、両方なのか・・・
とりあえず、そういえばエンジン積み替えるとき駆動系は見てなかったな、ということで駆動系をチェックしてみる。

01.jpg

とりあえずカバーを外す。
なんでディオはネジの長さがバラバラなんだ?
一種類に統一しといてくれよ・・・

02.jpg

あけてから気がついた。
こいつじゃDioのプーリーは外せそうにない・・・
シザースホルダーでも無理っぽい・・・

03.jpg

しかたないので、特殊工具をかってきた。
ホンマに本田車専用じゃないの!つかえねーなー・・・

04.jpg

特殊工具つかってやるも、ラチェットじゃ歯が立たない。
仕方ないので電動インパクトで外す。
ケースの中、きたねーーー!!!なんじゃこれ

05.jpg

プーリー外すと・・・ スライドピース割れてるじゃん・・・
しゃーないからMCで注文する。とりあえず家にある元エンジンのヤツを外して使うことにする。
(外したら元エンジンのヤツも1個割れてた・・・1年前に交換したばっかなのに・・・ライブディオってここが弱いのか??)

06.jpg

プーリーも・・・ベルトの削りカスでえらいことに・・・ これはダメだ・・・

07.jpg

洗油の風呂でごしごしする。

08.jpg

きれいになって気がつく。こいつPOSHのハイスピードプーリーじゃん。
てっきりノーマルだとおもってたけど・・・
ハイプリついてるのに60キロしか出ないって、このエンジンなんかおかしいのかな?
というか、一回外してこのプーリを前オーナーがつけてたってことだろうが、さっきの異様なまでの外しにくさって・・・・
なんかトルク無視しておもいくそインパクトではめこんだ感がプンプンするんですが・・・

09.jpg

ウエイトローラー ちびてるけど使えないってほどでもない。

10.jpg

何グラムがついてるんだろう?とおもって測ってみる。9.5グラムだな・・・ノーマルのZX後期は7.5グラムらしいから、2グラム重くしてあるということだが・・・
どうなんだろう??キャブもマフラーもノーマルのエンジンでWRだけそんなに重くして意味あるんか?

11.jpg

ベルトの幅。17ミリちょっと。ノーマルは18ミリのはず。ちょっとちびてる。
元エンジンの素ライブはノーマルが16ミリ。こっちは新品同様だけど交換しても意味ないよな。
あとセンスプが妙にふにゃふにゃだ。でもこれは最高速には利くはずだが・・・

12.jpg

とりあえずケースを掃除。
WRは家にあった8グラムをつけておく。
ちなみにPMXの純正プーリーとライブディオはサイズが同じ。互換がある。
7.5グラムと8.5グラムのWRならホンダの純正を使えば6個で800円だ!

13.jpg

ついでにエアクリカバーを交換。
ZXのヤツは端っこがすこしいがんでた。空気が漏れるとは思えなかったが気分的に。
ちなみにダクトはZX用のほうが太いので、これも交換する。

結果・・・ なんか駆動系をいじくったわりには変化がない。
エアクリも再点検したんだが・・・
というか、吹き返しが結構すごい。
もしかしてリードバルブが腐ってるのか??
なんか「ヒューズ飛び事件」以来「泥沼」にはまってるような気がするんだが・・・



コメント
書き込みモードの選択
(SPAM防止のために質問に答えてください)  [Q]ジーク・  [A]
     
コメント欄の使い方の説明(つかる画像一覧や質問の意味がわからない人はこちらを参考に)       カキコミの練習はこちらでどうぞ



「DIOマニヤックス」に戻る



トップ   リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-06-10 (日) 06:55:34 (4058d)