STANDARD広帯域受信機VR-120周波数編集ツール「タコ吸いくんグレート」

ダウンロード takosui.exe 1,717,711 bytes

のうがき

このソフトは、STANDARD社の広帯域受信器 VR-120の周波数データをエディットするためのものです。メモリ編集もどきのことができます。

エディターと銘打っていますが、実際には実機との通信とCSVファイルへの変換機能があるツールで、編集はCSVファイルをエクセルなどで行なっていただくことになります。

この無線機は同じ機種同士で周波数データをコピーする機能をもっていますが、この機能を利用してパソコンへの転送を実現しています。

当然ながら、スタンダードはこのためのハード・ソフトを一切提供していませんので、自作ケーブルと基板が必要ですが、パソコンと接続して内部メモリからの抜きだし、書きだし、CSVファイルへのインポート、エクスポートが可能になります。

動作環境

使い方

はっきりいって、ある程度スキルのある人(自作変換基板をつくれて、周波数データの解析データが読みこなせる)を前提にしていますのでここに簡単にはまとめられません。

ダウンロードして、自己解凍EXEを実行したらインストーラができますので、それを実行して、インストールされるマニュアルを参照してください。

変換基板の回路図もその中にはいっています。

追伸

このソフトはマブダチの無線マニアで世を忍ぶ仮の姿はエアバンドを聞きながらトラクターを運転する農民だが実は過激派くずれにみえて、やっぱり農民様に頼まれてつくったもので、じつはオイラは実機をいまもってません。

したがって、バグってても直せません。ごめんなさい。

解析結果について質問をうけても説明もできません。

もしメールとかで聞かれたら本人に伝えることはできますが、返事を出せるかどうかもわかりません。

また自作ハードが前提になります。回路図は添付していますが、細かい説明はしてありません。

この回路図を見ただけで、部品調達から製作、実験の一切の手順がこなせない方は、PCや無線機の破壊、火災、人身事故などあらゆるリスクを考えて実行されないほうが賢明です。

お問い合わせいただいても製作にかかわる一切のアドバイスにはお答えしません。

あと通信部分は無手順たれ流しに近いのでよくエラーがでます。

とくにPCの処理速度が遅い場合顕著です。

したがって転送中にエラーになって無線機側のメモリを破壊する可能性も十分あります。

何らかの方法(紙に控えるとか)でバックアップをしてから実験してください。

作者としてはこのソフト、回路図のハードをつかった一切のあらゆる結果について責任はとれません。

改版履歴

2003/2/26 初版発表



トップ   リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-10-18 (木) 14:39:07 (3685d)